社員ブログ

東京タワー

2018年06月22日 金曜日

東京タワー

東京タワーへ行ってきました!

東京タワー333m、スカイツリー634m

高さはスカイツリーに抜かされてしまいましたが、

近くで見ると赤い鉄骨に迫力があって、やっぱり大きいですね!

 

東京タワーといえばスポーツのイベントなどで階段を歩いて昇り降りするのが有名ですよね。

今回はラクをしようと昇りをエレベーターで、降りを歩きにしましたが…

降っているだけなのに結局最後まで体力がもたず、日ごろの運動不足を実感!!

 

そして東京タワーでは現在、天の川イルミネーションを開催しています。

メインデッキと外階段が天の川の装飾になっていて、天井を見ると、ときどき流れ星が見えることもあります!

他にもいろいろなイベントが開催されているので、気になる方はぜひ行ってみてください!

W杯の裏で・・・・

2018年06月20日 水曜日

PAK82_golashitasakka-boru20140102_TP_V

こんばんは!川崎です。

昨日は、みなさんW杯日本戦ご覧になりましたか?

 

私も全然サッカーわからないながらに、興奮してみていました。

初戦から勝利で幸先がいいですね。

 

さて、そんな日本中が盛り上がっている中、後楽園ホールで、とあるプロレスラーの引退イベントが行われていました。そのプロレスラーの名は、スーパーストロングマシン。

マスクマンですね。

 

ただ、スーパーストロングマシンの話を書いても、プロレスファンしか読まない記事になってしまいますので、どんなレスラーだったか気になる方は、調べてください。

 

なぜ、この話を書いたかと言うと、彼のプロレスラーとしての生き様が、仕事などでも生きるかと思ったからです。

 

プロレスラーは、個性の強い人々が多いですから、ほとんどがトップに上ろうと思っています。彼も最初は、そうだったようですが、後輩などが台頭してくる中で、あえて、2番目としての立ち位置を自分の役割として生きてきました。

 

それは、「2番手に甘んじる」と言うことではなく、あえて2番手としての役割を自分に課して、他のレスラーを引き立てたり、試合全体を盛り上げたりしていました。

 

これは、仕事の現場やチームプレイが必要な場面では、すごく大切なことだと思います。

 

自分の考えをぶつけ合うだけではなく、どうしたら周りの人がより仕事をしやすくなるか?より力を発揮できるか?こういった視点を持っている人がいてこそ、チームの力は、何倍にもなるのだと思います。

 

サッカーでも同じことかと思います。

と言うわけで、最後、サッカーに話が戻ってところで、今回は、終わりです。

次戦もみんなで日本代表を応援しましょう!

Emmetを導入してコーディングを爆速にする

2018年06月12日 火曜日

HTMLやCSSのコードを書いていて、次のようなことを感じたことはありませんか?

  • DOCTYPE宣言が覚えられないからいつもコピペなんだよね、たまにコピー元どこにおいたか忘れてしまうけど。
  • ulタグとかtableタグとか出てくるとコピペでなんとかしているけど、本当に面倒だよね。
  • クラス名に数字を連番で入れたいのだけど、とても面倒だよね

DOCTYPE宣言のようにコピペでなんとか済むものもありますが、コピペで対処できない繰り返しの記述、コーディングをしていると避けては通れないかと思います。
これを面倒と感じているのは私だけではないはずです。
今回紹介する「Emmet」はコーディングにおける面倒な作業から開放してくれるすぐれものなのです。

emmet1

(さらに…)

奇跡のパンケーキ☆

2018年06月08日 金曜日

先日、自由ヶ丘に「奇跡のパンケーキ」があると聞き、さっそく食べに行きました! IMG_20180601_205622_978

 IMG_20180601_205622_978

 

(さらに…)

梅雨入りしましたね

2018年06月06日 水曜日

AKANE278122130_TP_V4

本日、関東甲信越も梅雨入りをしましたね。
この時季はジメジメして、憂鬱な方もたくさんいるかと思います。

ところで、毎年、梅雨入りや梅雨明けの発表がありますが、
皆さんは梅雨入りと梅雨明けの定義って知っていますか?
私は、全く知らないで調べてみました。

気象庁がいろいろな気象条件を見て、梅雨入り、梅雨明けの判断材料にして、発表をします。

そして、

  • 「雨が一週間以上続くと予想される」と梅雨入り
  • 「貼れが一週間以上続くと予想される」と梅雨明け
  • 「梅雨前線がその地域に戻ってこないと判断されたら」梅雨明け

のような判断基準があると言われているようですが、毎年同じ気象現象は起こることはなく、確実に予想することはできないので、ある程度の予想で梅雨入り、梅雨明けの発表をしているそうです。

最終的に9月に気象台の観測結果を再検討して、その年の梅雨入り、梅雨明けを決めて、記録として残すそうです。
そのため、6月の発表とは、違う日が梅雨入りになることもあるそうです。

 

梅雨入り、梅雨明けには明確な判断基準がないとは思いませんでした。
梅雨入りや梅雨明けの発表があっても、ある程度ズレがあると思ったほうが良いのかもしれないですね。
そして、梅雨の時季は家に居ることが多くなると思うので、家の中でも楽しく過ごせるものを見つけると、ジメジメして嫌な梅雨も快適に過ごせるかもしれないですね!

文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大