社員ブログ

W杯の裏で・・・・

2018年06月20日 水曜日

PAK82_golashitasakka-boru20140102_TP_V

こんばんは!川崎です。

昨日は、みなさんW杯日本戦ご覧になりましたか?

 

私も全然サッカーわからないながらに、興奮してみていました。

初戦から勝利で幸先がいいですね。

 

さて、そんな日本中が盛り上がっている中、後楽園ホールで、とあるプロレスラーの引退イベントが行われていました。そのプロレスラーの名は、スーパーストロングマシン。

マスクマンですね。

 

ただ、スーパーストロングマシンの話を書いても、プロレスファンしか読まない記事になってしまいますので、どんなレスラーだったか気になる方は、調べてください。

 

なぜ、この話を書いたかと言うと、彼のプロレスラーとしての生き様が、仕事などでも生きるかと思ったからです。

 

プロレスラーは、個性の強い人々が多いですから、ほとんどがトップに上ろうと思っています。彼も最初は、そうだったようですが、後輩などが台頭してくる中で、あえて、2番目としての立ち位置を自分の役割として生きてきました。

 

それは、「2番手に甘んじる」と言うことではなく、あえて2番手としての役割を自分に課して、他のレスラーを引き立てたり、試合全体を盛り上げたりしていました。

 

これは、仕事の現場やチームプレイが必要な場面では、すごく大切なことだと思います。

 

自分の考えをぶつけ合うだけではなく、どうしたら周りの人がより仕事をしやすくなるか?より力を発揮できるか?こういった視点を持っている人がいてこそ、チームの力は、何倍にもなるのだと思います。

 

サッカーでも同じことかと思います。

と言うわけで、最後、サッカーに話が戻ってところで、今回は、終わりです。

次戦もみんなで日本代表を応援しましょう!


文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大