社員ブログ

「速読ってすごい!」
かつて自分は速読に憧れていた一人です。
すごいと思ってた時の速読のイメージは、一文ずつ読むけど、スピードを上げる!っていうイメージでした(笑)
じゃあ憧れの速読とは一体なんなのか。

速読の正体

速読や多読術の本を読むと、だいたい書いてあることは一緒でした。
それは、読みたい部分だけ読む、というやり方でした。
本の中で筆者が言いたいことは、全体の数パーセントしかないらしく、他はただその主張を説明している部分にすぎない、ということらしいです。
速読する人は、実際に本を読み始める前にやっていることがあります(たぶん)。
・本を読む前に、帯や表紙、目次から、どんな情報が得られるか考える
・読む本から得たい情報を決める
これらをすることで、本を流し読みしながら、自分の知りたい部分以外は飛ばして、読みたい部分だけじっくり読む、なんて事をしているんですね。だから、一文ずつ読むより当然速いわけです。

速読の良いところ

事前に目的を決めるから、じっくり読む量を制限することで、インプットする情報量も少なくなり、得た情報が記憶に残りやすい点はとても良いなと感じます。
今まで、本は何となく読んで、何となく良いと思って、すぐ忘れている、というなんとももったいないことをしていることが多かったです。
自分としては、記憶に残るように読みたいとずっと思っていたので、速読のスタンスで何回か読んで、得た情報をアウトプットするのが、自分にとって理想的な読み方なのだろうと感じています。

でも、ゆっくり読むのって楽しくないですか

もちろん、いろんな本からたくさん情報を得るには、本それぞれのコアな情報だけ抽出するのが、効率的で良いと思います。
しかし、それができない本もある(私の理解力が乏しいだけかもしれないけど笑)。
というのは、読んでもすぐ理解できないような、自分にとって少し難解なもの。
自分はゆっくり読みすすめて、分からない部分があれば当然止まって考えるし、「すごい」っていう部分に来たら、じっくり何回か読んで、自分の言葉でまとめたりして、時にはそこから妄想にふけったりして笑
そういう事をしてると頭の中で自分の世界が広がる感じがしてすごく楽しくなります。
だけど、こういう読み方ばっかしてると、読む本の量としては多くないので、何となくもっとたくさん効率的に読みたいなーと思ってしまう自分もいて、葛藤する自分がいました。そこから速読にあこがれたわけです。

そして、現在の読み方

シンプルに、本によって読む目的を明確にすればいいだけということに気がつきました。つまり、ゆっくり味わって読む本と、速読で読む本とでわける。

「そんなの当たり前じゃん」て思う方もいると思いますが、自分的にこれはすごい発見でした。今は本によって柔軟に読み方を変えています。

速読のやり方を知って良かったのは、読書するにも目的意識を持つようになれたことです。いままでは読書すること自体が良い事だと思って、ただ何となく読んでただけだったけど、今は読む前に、どんな情報を得たいかとか、筆者の言いたいことを予想する作業は無意識にやっているので、それだけでも知識の定着率は違うなと実感しています。

学校の授業で予習する重要性と同じってことですね...(全然してなかった笑)

以上、個人的な読書の仕方について思うことでした。

文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大