社員ブログ

揚げせんべい、美味しいですよね!
写真は、皆さんも一度は食べたことがあるでしょう、天乃屋さんの歌舞伎揚です。
今年で60周年だそうです。

実はあの歌舞伎揚の表面に、それぞれ歌舞伎の家紋が印刷されているのをご存知でしょうか。
丸い形の中に、たまに四角のものが混ざっていますが、あれも家紋のかたちにならっているものだそうです。


私は今のいままで全く気付かず、テレビで紹介されているのを見て初めて知りました。
柔らかい生地に変わったため、本来見えていたはずの12種類の家紋が見えにくくなったんだとか。

  

ということで、外出自粛中で暇を持て余している弟と、歌舞伎揚の一袋で何種類の家紋が揃えられるのか検証をしようと思い立ちました。

60周年ということで、本来11枚入りのところ、今回購入したものは+1枚で12枚入りになっていました。これは全種類揃うかもしれない、と思ったのですが…。

検証を始めようとした時点で、袋の中身は9枚になっていました。
気づかぬうちに母が3枚食していたようで、全種類の夢は瞬殺でした。

しかし9枚分、形を見極めることがとっても難しかったです。
はっきりとこの形だ!と分かったのは4種類でした。

   

  写真だとわかりづらいですが、たしかに歌舞伎の家紋が見えるような。

引用: 天乃屋HP https://www.e-amanoya.co.jp/commitment/

調べた歌舞伎揚の家紋と照らし合わせると、こんな感じの形がいろいろ、浮かび上がってくるはずなんですが…。

いや、めちゃくちゃ難しいです!
一枚だけ入っていた四角だけは、この1種類しかないと思うので確定できるんですが。

母が食した3枚にもっとくっきりした家紋があったかもしれないですが、
まだ見ぬ家紋に出会うのは、また今度に期待したいと思います。

みなさんもスーパーなどで歌舞伎揚を見かけたら、ぜひ購入して誰にも答えのわからない難問ばかりの家紋クイズに挑戦してみてください。
ぜんぜん分からないけど、歌舞伎揚が美味しいのは間違いないです。

    

検証に使用した歌舞伎揚は、後ほど家族で美味しくいただきました。

    

文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大