社員ブログ

最近はユーチューバーもたくさんでてきて、動画コンテンツがますます重要視される時代になってきました。

webサイトでも動画が流れているものが沢山ありますよね。
だから、自分の仕事にも少し影響あるかも?と感じています。

ですので、少し前に動画コンテンツに関する勉強会に参加したり、そこで学んだことを踏まえて動画をみたり、撮ったりと、最近は動画について少し考えるようになりました。

なので今回は動画コンテンツについて感じたことをつらつら書いてきます。
※制作した動画は載せません笑


動画の情報伝達するチカラはすごい

YOUTUBEで何かしらのやり方を解説する動画がありますよね。
たとえばマジックのやり方動画。
知り合いの子供は、マジックとか、ルービックキューブ30秒で揃えるのを動画でマスターしたらしいです。
あと他には、YOUTUBEで勉強して、宅検を取得したとかなど。
確かに、教材読むより、動画の方が分かりやすいし、楽しんで習得できるのかもしれませんね。

動画にすると意外と感動させやすい

勉強会に参加した時、お昼に行った様子などを動画にとって編集しあうワークショップをやりました。
とても下手な初作品ではあったけど、音楽つけて、文字とかをつけるとそれっぽくなって、なんでもない出来事が、少し良い思い出になった気がしました笑

映像とそれに適した音楽が、感動させやすくしているんでしょうね。

こだわりだすと、出費がやばい

まず初心者は、スマホで撮って、スマホで編集するくらいで良いと思います。iPhoneにデフォルトで入ってるiMovieを最近初めて使ってみて感じましたが、思ったより直観的に編集できてとても使いやすかったです。

でもだんだん、

・かっこいいモーショングラフィック入れたいなー

・対象物以外をぼかして撮影したいなー

など、いろいろやりたいことが増えてきて、そうなってくると、一眼レフや、撮影機材、動画編集用ソフト、編集用ソフトが動く高スペックPC、動画編集の際に使用する有料素材etc...とまぁ、きりが無くなってきます。ひとまずスマホだけでも新しめのであれば、十分かもしれません。

以上が動画コンテンツ作成を少し勉強して感じたことでした。

今度は制作した動画を載せられるよう頑張ってみます!笑

文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大