社員ブログ

2024 パリ五輪のエンブレムが発表されていた件

2019年11月05日 火曜日

2020東京五輪のマラソンと競歩の開催地が東京から札幌に移転し、紛糾していたそのころ、開催まで5年を切った次回の夏季であるパリ五輪のエンブレムが発表されていたことを皆様ご存じでしたでしょうか。

モチーフは3つ

史上初めてオリンピックとパラリンピックで同じモチーフを使うとのことです。

いわれてみれば、2020もオリンピックとパラリンピックでモチーフは異なっていましたね。

また、 このエンブレムのモチーフは3つから成り立っているそうです。

  1. スポーツのシンボルとしての金メダル
  2. 五輪とパラリンピック運動の象徴である聖火
  3. フランスのイメージであるマリアンヌ (※)の輪郭と唇

「これらのシンボルは、人々を五輪の中心に据えるというわれわれの思いを具現化する顔を示している」

※マリアンヌとは、 1789年のフランス革命以降、自由とフランス共和国を擬人化した象徴となっているマリアンヌ という女性のことだそうです。

このエンブレムには賛否両論ありますが、成果の部分が某出会い系アプリに似ていると指摘されていたり、不必要な色気だと指摘されているそうです。

私自身も、唇の存在感が強すぎて、スポーツの祭典という印象があまり感じられず、なんだかなぁ、と感じました(マリアンヌの歴史的背景などを教科書レベルでしか知らないことも起因しているかもしれません)。

皆様はいかが感じましたか?

文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大