売れるネットショップのはじめかた

楽天市場ヒット番付2017から2018年を探る

2017年12月19日 火曜日
楽天市場ヒット番付2017から2018年を探る

楽天ヒット商品番付2017が発表されました。

楽天市場ヒット商品番付2017
引用:楽天市場ヒット商品番付2017


なじみのないキーワードもありますが、
非常に興味深いキーワードであることは間違いありません。

横綱

ゆとり世代のタイムライン消費

ゆとり世代がSNSタイムラインに流れる情報から、
自分に合った商品を購入する、新しい購入傾向が顕著になっているとのことです。
「黄色スカート」がその代表なようです。
個人的には実写版「美女と野獣」のヒットによるエマワトソン効果だと思っていたのですが、
SNSのタイムラインがヒットにつながったんですねぇ。

SNSで人気がでるということは、インスタで人気とも言えるので、
昨年2016年の楽天市場番付にも入っていて、今年の流行語大賞にも選ばれた『インスタ映え』の勢いはまだまだ続くのではないでしょうか?

来年も『インスタ映え』を意識した商品ページ作りは効果的だと思われます。

アラフォー世代のアルバム消費

これはもう言葉そのままですね、私自身アラフォーなので気持ちがよくわかります。

安室ちゃんの引退発言による引っ張りだこ状態もこれに乗っかっている気がします。
もちろん私も迷わずCDを購入させていただきました。
1990年代の良いものって今でも通用するものばかりですからね。

大関

天才キッズ特需

子供への投資は今後も増していくのは間違いありません。
わが子を天才にするためならお金を惜しまない親御さんばかりなのではないでしょうか?
私もその一人です。

シニアの軽量需要

私のようなアラフォー世代にはとにかく軽いものが助かります。
ちなみに今年私が軽さにこだわって購入したものは水筒でした。
個人的には「妊婦の軽量需要」はかなりあるのではないかと考えています。
妊婦用軽量グッズのメーカーさんの開発を期待しています。

関脇

関脇はいまいちわかりません。

平日ナイトオフ

平日の夜にオフ会を開くことのようです。
平日夜に首都高のパーキングにたまたま入ったのですが走り屋のような車が駐車場独占状態で止められいてビビりました。
あれのことなのかなぁ?

週末ナイトアウト

週末に夜外出すること、ナイトライフ、夜の活動、夜活のことを言っているようです。

小結

ずぼらハンドメイド

ずぼら:
『なすべきことをしなかったりしてだらしのないこと。きちんとしていないこと。また、そのさま。』
引用:weblioより
きちんとしていない手作り??適当に作った手作りかな??

お手軽ロカボ

『「おいしく楽しく適正糖質」それがロカボです。』
引用:ロカボオフィシャルサイトより
私も今年ロカボナッツをなんどか購入して食べました。

前頭

ワンタイム消費

購入して一度使用したらすぐに売ると言う流れのようです。
インスタに服のコーディネートをアップするために購入し撮影が終わったらすぐに売り払う。
こうなってくるとレンタルと変わりませんね、
今後はairClosetやSuSTINAなどの洋服のレンタル業がはやる予感がバシバシします。

あえて○○売れ

スーパーなどではなかなか買うことができないニッチな商品をネットで買うようです。
例えばスーパーなどでは甘いイチゴが主流ですが、通常買えないような超酸っぱいイチゴなどを求めるあえての消費者がいらっしゃるようです。

期待株

やはり一番気になるのは『期待株』ですね、
楽天でこれから売れるかもしれない期待を込めたものなので、
ある意味これこそが今後のトレンドになりかねない重要キーワードと言えます。

季節逆転アイテム

冬の花火、冬に食べるかき氷も私の体感ではブームが来ている気がします。
お台場では12月毎週土曜日に花火を打ち上げています。
お台場レインボー花火2017
世田谷区のかき氷屋さん『雪うさぎ』さんは冬でも前を通るといつもたくさん人が入っています。
雪うさぎ

男女逆転アイテム

なんでしょうかこれは、男性用髪飾りとかでしょうか??

2018年はどうなる??

楽天さん的には逆転アイテムが次に来るぞ!と言っていると思っても過言ではありません。

ヒット番付を見ていても東西で逆転しているものが多い気がします。
アラフォーとゆとり、シニアとキッズ、週末と平日、この辺りから逆転アイテム押しなのでしょうか?

『インスタ映え』は来年も続きそう

『シニアの軽量需要』はシニアに限らずいろいろな広がりを見せるのでは?

2018年はよりニッチな商品にスポットが当たりそうな予感がします。
想像の枠を超えませんが、楽天のヒット番付を眺めていると次に来るものが見えてくるかもしれません。
皆さんもぜひ参考にしてみてください。


文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大