社員ブログ

PCでコーディングを行っている時、こう思うことがあります。

エディターの文字が小さすぎて、
LかIか区別がつかない!!

HTMLとかプログラミングとかやってると1度は感じたことはありませんか?
これ、文字サイズの問題じゃないのです(文字サイズが原因の時もあります)。
フォントが問題なのです。

本日は、そんな悩みを解決するフォントをご紹介します。

それがこちらのJet Brains Monoというフォントです。
https://www.jetbrains.com/lp/mono/

開発者による開発者のためのフォントです。

このフォントは統合開発環境(IDE)におけるソースコードの読みやすさを追求して制作されているそうです。
ソースコード上で困るのが、数字の1と小文字のLと小文字のIの区別がつきにくいことが挙げられますからね。

百聞は一見にしかず、こいつを見てください。

どうです、この1とLとIの区別のつきやすさは。
このフォントを導入すれば、目薬をさして目頭を揉んで深呼吸をしてからエディターの拡大率を上げて、コードを確認したらまたエディターの拡大率を戻すコーディングスタイルからもおさらばできます。

ライセンスはApache License 2.0
無料で商用利用できるから安心ですね。

提供元について

このフォントを開発したのは、開発者をテクノロジーで助けることをミッションとし、様々なツールを開発しているJetBrainsという会社です。

https://www.jetbrains.com/ja-jp/

有名なものといえば、プログラミング言語のKotlinの開発元でもあり、
世界中に展開していて、日本法人もあるのです。

そんな企業だからこそ開発者の小さな悩みもわかるのですね。

これを見た開発者の皆様もぜひJet Brains Monoをお試しください。

※効果は個人の感想であり、実感を保証するものではありません。

文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大