売れるネットショップのはじめかた

まとめ売りで、簡単に単価がアップして、楽天の売上もアップする方法

2018年06月08日 金曜日
まとめ売りで、簡単に単価がアップして、楽天の売上もアップする方法

単価を上げるもっとも手っ取り早い方法

それはまとめ売りです。

基本中の基本ですが、まだ行っていていない店舗運営を始めたばかりの店長様は行ってください。

必ず売上がアップします。

基本をしっかり行うことが、着実な売上アップと将来的な人気店への第一歩です。

お得感を演出する3つのまとめ方

1.まとめて送料お得

この方法は1つの単価が特に安い商品で効果が大きくなります。

たとえば1袋500円のクッキーを、6袋まとめて3000円で販売します。

これだけで一つ一つの場合だと送料が6回分かかってしまうところが、1回分になるのでお得感が生まれます。

0014

2.まとめて送料無料

まとめて送料お得から、

さらに、あえて送料がかかる1袋の商品を用意し、まとめ販売の場合は送料を無料にすることを大きく表示すれば非常にお得感が出てきます。

これだけで売上単価は間違いなくアップします。

00011

3.まとめておまけ付き

「まとめて買うと1袋おまけ」などのように、おまけをつける方法によるお得感の演出もできます。

00012

価格を意識してまとめる

2000円から5000円の価格帯は プレゼントとして用意する金額の多い価格帯です。

まとめ販売にてあえてこの価格帯の商品やまとめた商品を用意することは、お客様が必要とする購入価格帯を用意することにもつながりますので 非常に効果的です。

また、内容量を多くした数万円単位のまとめ商品を用意し値引き率を大きくして販売すると、業務用に購入したいという業者が出てくる場合もありBtoB販売となり、大口顧客の獲得につながりさらに販路が広がると言った可能性も秘めています。

 

ページ数増加で露出アップ

さらにさらに、まとめ販売を行うことで、単品の商品とまとめの商品の商品ページができることになり、商品ページ数が増えます。

つまり、これまでよりもお客様が商品を見る機会が増加します。

まとめ商品はいいことだらけの基本中の基本施策です。

必ず効果が出る単価アップ方法ですので、出店したばかりの店舗様はまずはここから始めてください。

まとめ販売の欠点

まとめ販売にも欠点があります。

商品ページが増えてしまうので、在庫管理が大変になるんです。

しかし世の中には便利なツールがあるものです。

同じ商品を複数ページで販売しても、連動して在庫の引当をおこなってくれる、在庫を一元管理してくれる便利なシステムがあるのです。

 

在庫数は同じままでページ数を増やし露出を増やすということが可能となり、さらに販売機会が増え相乗効果で売上がグングンアップしていきます。

 

弊社でも在庫の連動システム「らくらく在庫」をご用意していますので、ご興味があればお問い合わせください。

まとめのまとめ

基本を制してこそ将来の売上につながります。

基本に抜かりなく店舗を運営を心がけましょう。

まとめ販売は応用しセット販売でも利用できます。

セット販売への応用についてはまた別の機会に紹介させていただきます。

 


文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大