売れるネットショップのはじめかた

初心者必見!バナーの作り方の基礎

2018年05月16日 水曜日
初心者必見!バナーの作り方の基礎

ネットショップを運営する上で、必要になるのがバナーです。しかし、実際作ってみると、「本当にこれでいいのかな?」と迷ってしまったり、どのような効果があるまで考えずに、貼り付けてしまうことがあると思います。

 

完成

 

上のような一見よく見るバナーであっても、さまざまな要素から成り立っています。

一つ一つの要素を理解することで、よりスムーズに作れるようになり、より効果的なものになります。

今回は、バナーを作成する際のポイントをご紹介いたします。

バナーの要素

文字

伝えたい情報を、バナーサイズに合わせた文字数でテキスト化します。

目にとめてもらいやすくするため、文字間隔も大事です。

文章は、長すぎずキャッチーなものにしましょう。

 

文字間-01

 

また、特定の文字だけ目立たせたい場合は、文字の縁取りや、アンダーラインや影をつけることが効果的です。

 

効果-01

効果-02

効果-03

素材

素材-01

 

バナーの背景やワンポイントとして、素材の写真や画像を使う場合もあります。この場合は、そのバナーのターゲットや商品のイメージに合う画像を選びましょう。

三色バナー

 

配色をする時のコツは、使用する色を3種類におさえ、色の比率を6(ベースカラー):3(メインカラー):1(アクセントカラー)にすることです。

 

ベースカラー
主に下地に使われます。他の箇所を引き立てる役割があるので、周りより薄目な色を選びます。

 

メインカラー
バナーのテーマのカラーになります。伝えたいことのイメージカラーを使います。

 

アクセントカラー
一番目立たせたい箇所に使います。濃い目の色にすることで、よりポイントを伝えやすくなります。

レイアウト

レイアウト

 

レイアウトをする時は、他の文字や画像と大きさや色に差をつけ、伝えたいものを大きく配置します。文字や画像のはしを揃えると整った印象になります。

フォント

フォント-02

 

フォントには、大きく分けて「明朝体」「セリフ体」「ゴシック体」「サンセリフ体」の4つがあります。それぞれの特徴に合わせて、使い分けます。

 

明朝体・セリフ体

「やわらかい」「おだやか」「女性的」可読性が高い。

 

ゴシック体・サンセリフ体

「強い」「元気」「男性的」キャッチコピーに向き。

バナーを作る手順

準備

ターゲットと誘導先を明確にします色のイメージなどもターゲットによって決まります。また、どこに表示するバナーかを明確にすることで、バナーの大きさが決まり、それによって、入る文字の量や画像の大きさも決まります。

素材の準備

バナーに使う画像やキャッチコピーなどを用意します。この際、先に決めたターゲットに、訴えかける内容になっているかを確認しましょう。また、表示する場所の周りのバナーや色に対して、浮いたり沈んだりしないか確認しましょう。

配置

ざっくり配置

 

用意した素材を配置してみましょう。文字の大きさや文字間を確認しましょう。用意した素材が、バナーに対してうまくはまらない場合は、素材を考え直すことも必要です。

調整

調整点

 

色みや全体のバランスをととのえます。実際、お客様は、じっくりバナーを見てくれるわけではないので、パッと見ていいかどうかを大切にしましょう。

完成

完成

 

以上でバナーは完成です。 次は、実際の表示場所に当てはめてみて、周りとのバランスやページ全体のバランスを確かめましょう。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

 

「バナー」と簡単に言っても、適当に作ってしまうと、全く効果のないバナーになってしまいます。一度、今まで作ったバナーを見直し、ターゲットに合っていなかったり、目に留まらなかったりするバナーがある場合は、一度見直してみてください。

効果的なバナーの配置箇所

 

バナーを作ることができる画像作成ソフトも、色々なものがあります。無料で使えるものも多くあります。こちらのページで、紹介していますので、是非、ご覧ください。

バナーを作るためのツール

 

それでも、忙しくて、なかなかバナーに時間をかけられない場合は、弊社でもバナー作成を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

グリニッジ株式会社

https://www.greenwich.co.jp/

TEL: 03-5510-7260

FAX : 03-5510-7296


文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大