売れるネットショップのはじめかた

しっかり考えてますか?商品説明文

2018年01月30日 火曜日
しっかり考えてますか?商品説明文

商品を登録する際、商品タイトルやキャッチコピーについては、しっかり考えるけど、 商品説明文については、その商品のサイズや色、材質などをただ羅列しているだけになっていませんか!?

大事なのは分かっているれけど、ほかにも色々な業務もあるため、商品1つ1つに時間をかけて考えてる余裕がないという方も多いと思います。 そんな方たちに少しでも手助けになればと思い、今回、商品説明文を書く上での考慮するべき点をご紹介します!

商品説明文が最後にお客様の背中を押す

商品タイトルやキャッチコピーで、その商品に対し好印象を持った訪問者は、 「商品説明文」に目を通します。その内容によって、最終的な「買う・買わない」を判断します。
そのため、商品ページにおいて「商品説明文」は、最後にお客様の背中を押す存在だと認識しましょう!

商品説明文の考慮すべき必須ポイント

考慮すべき必須ポイントは、以下の4つです!

①使い心地をストレートに!

その商品の使い心地がセールスポイントであれば、スタッフが実際に使って、利用者側の視点でイメージを伝えることが大切です。
なお、製品パンフレットなどに記載された作り手側の説明文丸出しでは魅力が足りません。

②自店独自の視点や情報を盛り込む!

自店ならではの視点を盛り込むことでオンリーワンを演出できる。
例えば、「女性用デニムパンツ」の場合、商品コンセプトが「防寒機能」であれば、その視点で商品説明文を構築することで他店との差別化が図れます。

③商品をイメージできる文章!

これは、どの商品にも当てはまるコツです!
商品が手に取れない訪問者に向かって、まるで「手にしているような」「使用しているような」文章を目指します!
写真では伝えることのできない要素も伝えると、なお良いです。
例えば、写真では甘そうなイチゴジャムが新鮮なキイチゴ100%を原料としているため、食べると実は酸っぱいということは、書かないと伝わりません。

④オンリーワンを伝える

希少品やオリジナル品を扱っている場合、その部分を強調しましょう!
他にない点がいかに優れているかを根拠をもって説明します。
オンリーワンといえる部分が複数ある場合、箇条書きにすることにより、商品力の強さを視覚的にもアピールできます!

商品別アピールポイント

取り扱う商品によっても商品説明文の書き方は変わってきます。
そのいくつかをご紹介します!

食品系

食品は、商材の信用力を高めることが大事です!
信用アップには「安全」「安心」「美味しさ」が重要です。
そのため、「素材や原材料のこだわり」は表記しましょう。美味しさは、食べた時の印象を書くことでアピールしましょう。

雑貨・衣類系

衣類の場合は、商品画像では伝えられない購入への決め手となるポイントをイメージし、そこを重点的に伝えていきましょう!
「素材感」「質感」「着用後のイメージ」「色合い」「サイズ」などがあります。
例えば、サイズであれば、「Sサイズですが、お財布は十分に入ります」というように具体的に説明することでお客様は実際の大きさをイメージできます。

手作り系

手作り系の場合は、「完成度の高さ」をアピールしましょう!
手作りだと、お客様は「この商品、大丈夫?」と不安を抱きます。
そのため、「原材料」「製作過程でのポイント」「お客様の声」「製作者の声」などを必ず紹介しましょう。

どうでしたでしょうか。難しいと思いますが、これらの点をふまえ、商品説明文を再考して、売上アップにつなげてみてはいかかでしょうか。


文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大