売れるネットショップのはじめかた

ついつい見てしまう画像とは?

2017年12月01日 金曜日
ついつい見てしまう画像とは?

かわいい動物の写真は、好感を得やすいのは知っていますか?

テレビのCMやWeb広告などでたくさんの動物たちを毎日見かけると思います。

心を和ませ惹きつける魅力があるのです!

あなたもついつい見てしまいませんか?

注目を集められる画像を活用するとあなたのサイトの閲覧率もアップします。

 

今回はとても身近な犬を被写体にした写真撮影のポイントを少しお教えします。

犬を飼っている方は、ぜひ愛犬で撮影をしてみてください!
 

事前準備が8割!

なんといってもこれが8割を占めるほど大事です。

どんな構図でどんなアイテムを用いて撮影するのか?
ある程度こういう写真が撮りたいというイメージができていないとダメです。
いざ、撮影タイムになった際に迷いが生じてしまうと良い写真が撮れません。

撮りたい写真のイメージを抱いてください。

 

撮影は短時間で!

警察犬など訓練を受けている犬は別ですが、犬の集中力は幼児並に短いです。

また、写真撮影がストレスになる場合もあるので、1回の撮影時間は5分程度にします。

もちろん5分はあっという間なので、イメージした写真が撮れなければ30分ほど空けてから再度5分程度で撮影を再開します。

 

ご褒美をあげましょう!

犬のやる気や注意を引くご褒美を用意しましょう。

食べることが好きならおやつ。

遊ぶことが好きならお気に入りのおもちゃ。

他にもいろいろあると思いますが、その犬にとってご褒美になるものを準備してください。

ただし、大好き過ぎて興奮状態になると撮影できなくなるので、適度に好きなモノを選んであげましょう。

 

褒めてあげましょう!

撮影中はたくさん褒めてあげましょう。

ウキウキした声で褒めてあげると犬にしっかり伝わります。

低い声だと褒められている事が伝わりません。

特に男性は高い声で褒めてください。

犬も褒められていることがわかると感情が表情にも出てくるのでかわいさが倍増します!

また、褒めると写真撮影に対して良いイメージを犬が持つため、次回からの撮影も楽しく取り組んでくれます!

 

いかがでしたでしょうか?

ペットグッズを販売されている方や犬を飼われている方、ぜひこれらの事を実践して写真撮影してみてください!

そしてあなたのサイトに活用することでお客さんの注目を集めましょう!


文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大