将来、プログラミング言語は? « グリニッジ株式会社

社員ブログ

将来、プログラミング言語は?

2018年01月19日 金曜日

JavaScript JavaScriptは疑いの余地なく人気の言語となってきていて、特にバックエンドの開発に使用され、潜在的に(ReactNativeを介し)モバイルアプリケーションも構築可能です。 JavaScriptは更に多くのツールを取得し続け、かなり速いペースでアップデートされています。従って将来においても重要な言語のようです。 blogNewImage3 Ruby スタートアップは「Ruby on Rails」を好みます。Airbnb、Twitch、Hulu等の多くの有名サイトはRailsで構築されており、Ruby技術者を必要とするでしょう。Railsは、習得し易いのでコーディング初心者にとって人気であり続けるでしょう。 一方、Node.jsの台頭は間違いなくRuby on Railsの人気に影響を及ぼします。GithubにおいてNode.jsはすでにRailsを追い抜いています。これは決してNode.jsがRailsを凌駕するという兆候ではありませんが、Railsも数年前にバックエンド開発で Pythonの最大のウェブフレームワークDjangoに取ってかわり、Djangoより多くの人気を博したようです。 更に、同一構造のアプリケーションという新たなトレンドもRailsの採用に影響するでしょう。この慣行はWebアプリケーションのパフォーマンスに影響すると言われています。 同一構造のアプリケーションはNode.jsのプラットフォーム上で動く事を要求されており、フロントエンドと同じくJavaScriptで構築されます。たった一つでもよく言語を熟知している(この場合はJavaScript)という事はアピールになるので、Rubyを新たに学ぶ人が少なくなる可能性があるでしょう。Googleの「Go」もまた新たに注目を集め始めているバックエンド言語です。 しかしながら、Railsは頻繁にアップデートされるので、しばらくは重要な言語であり続けるでしょう。特に開発者にとって豊富な利便性のあるツールがあり、コミュニティが存在するので、多少人気が衰えても、Rubyは活躍し続けるはずです。   Python Pythonは、研究機関とデータサイエンティストに人気で、前述の通り、多くの初心者はPythonでコーディングを学びます。これはPythonが着実に普及しており、重要になってきている事を意味します。PythonはJavaScripと同様に爆発的な人気を得ている訳でなないですが、データサイエンス分野では高い需要があり、力強く成長していくでしょう。   PHP この数年間、バックエンドの開発トレンドはPHPから他の言語へ移行してきました。しかし、80%のWebサイトが依然としてPHPで構成されています。これはWeb用に設計された言語なので当然かもしれません。 しかしながら、初学者がどの言語を学ぶべきかグーグルで調べると、多くの技術者がPHPを薦めていないことが分かると思います。実際に、PHPは多く技術者から疎まれています。   Java AndroidによりJavaは最も人気のある言語に押し上げられ、その安定性と拡張性から開発会社からもまた支持される事となりました。 ビッグデータ管理用のフレームワークとして(Scala)を使用するSparkと(他の言語をサポートする)Cassandraの台頭により、Hadoopはビッグデータ管理のフレームワークとしてどの程度人気を得続けるか予測が難しくなちました。 しかし、大企業が転換期にどのように行動するかを考慮すると、Hadoopが捨て去られる事はないでしょう。Javaはバックエンド開発において優れたツールを持っていて、企業の開発に不可欠なのです。 この様に、Javaは今後数年間は重要な言語の一つとして力を持ち続けるでしょう。   Objective-C/Swift アップル(Apple)がSwiftをリリースし、Objective-Cが専らアップル(Apple)の製品に使用される様になると、Objective-Cの需要が無くなるとは誰も想像していません。アップル(Apple)の製品が使用される限りは数年間はObjective-Cは重要な言語で有り続けるでしょう。 iOS向けのオープンソースプロジェクトの大半は未だObjective-Cで書かれていますので、2017年現時点においても、学習する価値のある言語です。一般的にまったく概念を理解する事の出来ないものを学ぶのは効率的ではありません。従い、もしSwiftを知っているのならObjective-Cは習得しやすいでしょう(また逆もしかりです)。   C Cは、他の言語と比べると極めて下位レベルで使用されますが、OS用の汎用言語でもあるので残り続けるでしょう。多くの開発ルールはCとリナックス、またはCで構築されていますね。   SQL SQLは大抵のデータ管理者に習得されています。しかし、MongoDBやRedisの様なSQLを要しないサービス、またはHadoof、SparkとCassandraの様なSQLを必要としないプラットフォームの台頭によりSQLは勢いを失っていると考えられていました。 現状はそうではありません。かつてSQLを必要としなかったサービスまでがSQLを活用し始めたのです。 ビッグデータの台頭と管理の難しさから、SQLはかつてないほど必要とされています(それは求人トレンドからも分かるでしょう)。Googleは、BigQueryサービスをアップデートし、一つのテーブルに対し1秒間で100,000行を処理できる様にしました。BigQueryはSQLを使用しています。Sparkはバージョン1.3からSparl SQL Moduleを採用しています。 つまり、ビッグデータを管理する必要性から、SQLは再び重要な言語となったのです。SQLは単に普及しているというのみならず、暫くは重要な言語でありますね   C++ (Rustに対してまでも)未だ性能と能力においてパワフルな言語と考えられており、C++は高性能を求められるシステム(例えばゲームエンジン)で重要な言語で有り続けるでしょう。最新の主要バージョン(C++14)は2017年にリリースされる見込みであり、未だ進化しています。 Rustが作るソフトウェアはC++が作る場合よりも脆弱性が少なくなることを目指しているので、将来的にはRustは一部のシステムプログラミングでC++と入れ替わるのですかね まだまだありますね、いろいろな角度で重要性を探っていく必要はありますね  
文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大