社員ブログ

サンタ

2017年12月26日 火曜日

こんにちわ!川崎です!

皆さんクリスマスはいかがお過ごしでしたか?

楽しく過ごせましたでしょうか?

今日はサンタクロースについて調べてみましたので、

来年のクリスマスに向けて読んでください(笑)

 

まずは、サンタクロースの起源について。

4世紀の東ローマ帝国の教父聖ニコラウスであるとされています。

この『ニコラウス』さんが、『シンタクラース』となり

『サンタクロース』になったという説が有力だそうです。

 

また、日本では「サンタクロース」という呼び名が一般的ですが、

実はヨーロッパ各国ではそれぞれ呼び名が違うそうです。

イギリスでは「ファーザークリスマス」、ドイツでは「クリストキント」、

デンマークやノルウェーでは「ユーレニッセ」、フィンランドでは「ヨールプッキ」。

似ても似つかぬ呼び名ばかり。

「サンタクロース」は全世界共通だと思っていたので驚きました!!

 

さらに、サンタクロースのお供のトナカイたちにも名前がありました!

それぞれDasher(ダッシャー:突進者)、Dancer(ダンサー:踊り手)、

Prancer(プランサー:踊り跳ねる者)、Vixen(ヴィクゼン:口やかましい)、

Comet(コメット:彗星)、Cupid(キューピッド:恋愛の神)、

Donder(ドナー:雷=独語)、Blitsen(ブリッツェン:稲光=独語)というそうです。

面白いですね!

そして、最後に赤鼻のトナカイで有名なRudolph(ルドルフ)がいます。

 

調べてみると意外と知らない事ばかりでした・・・。

ちなみに、サンタさんに送る手紙の住所は、

Santa Claus
North Pole H0H 0H0
Canada

だそうです。

是非、子供たちに教えてあげてください(笑)

 

来年も楽しくクリスマスを過ごしましょう!!

文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大