社員ブログ

個人的に好きなフォントについて調べてみた

2014年02月27日 木曜日

こんにちは三橋です。

今回の記事は、個人的に好きなフォントのちょっとしたうんちくを調べ、皆さんに共有という企画です。

「フォントって興味あるけどよく知らないや」という方向けです。つたない見解があったらすみません。

 

 

 

 

 

 

欧文フォントはこちらの本を参考にしています。面白くてとてもおすすめです。

 

 

 

僕がこの本で一番印象に残ったのは、「フォントは見た目で選んでOK!」という章でした。
「イタリア生まれのフォントをフレンチレストランで使っちゃダメだろ」みたいなことを言うのは一部の日本人だけなんだそうです。
僕もこの本読むまで、フォントのセレクトには、国とか歴史とかそういうの気にしなきゃあかんのかなぁ。。とか思っていました。

もちろんそういう選び方もありだと思いますが。

ヨーロッパやアメリカのデザイナーにそういう話をするとみんな大笑いしたりけげんな顔するんですって。
なんだかフォントを楽しんで使う勇気が湧いてきました。

ということで、楽しんでいきまっしょい!笑

 

ではスタート☆

 

1、小塚

小塚昌彦さんという方が制作指揮を行ったので小塚ゴシック&小塚明朝だそうです。Adobeが作成。小塚さんは新ゴの制作統括者も務めたそうです。偉人ですね。

 

2、ヒラギノ

こうして見てみると、小塚よりヒラギノのが小振りですね。名称は京都の地名である柊野(ひらぎの)に由来するそうです。

 

3、メイリオ

 

 

 

 

 

「メイリオ」の語源は「明瞭」らしいです。

画面上で見ても印刷しても極めて明瞭で読みやすい所から、そう名付けられたそうです。

はじめてHTMLでサイトを作って、font-familyをメイリオに変更してぱっとあか抜けた時の歓びを思い出しました。

親しみやすくて、可愛いですよね。

 

 

【休憩】

そういえば、キテレツのエンディングテーマの声はコロ助の声とは別物らしいです。。。(驚愕)

 

 

4、新ゴ

とっても有名。システマチックな雰囲気をもつ現代的なゴシック体だそうです。

JR東日本や、東京メトロの駅名はこのフォントらしいです。英字の部分はHelveticaです。

東京の鉄道会社が何かと使用しているフォントまとめ – NAVER まとめ

 

5、見出しゴシック

タイトル通り、見出し用のゴシック体。「広告・雑誌の見出しや長めのキャッチコピーなどで、ゆったりと言葉の意味を伝えることができる書体です。」〜モリサワのサイトより。ポスターなどでよく見ます。見やすくて好きです。

 

6、秀英丸ゴシック

 

 

 

 

 

去年リニューアルした雑誌ananの見出しやタイトルに使われているそうです。

元気で可愛くて健康的な感じがしますね!丸ゴシック大好きです!

 

 

7、丸フォーク

 

コンビニのスイーツやカジュアルな女性向けのデザインでよく見るフォント。好きです。

太くすると、どことなくレトロな感じがするのも好きです。

 

8、マティス

美しくて大好きです。見出しミン、リュウミンのようにシャープな印象を持つ明朝体に対し、柔らな表情をもつ明朝体としてフォントワークスがリリース。(公式サイトより)

新世紀エヴァンゲリオン – サブタイトルにマティス-EB(太いやつ)が使われているそうです。

 

9、えれがんと

最近はまってる可愛いフォントです。マティスえれがんと というのも存在します。

おそらく漢字の部分をマティスにしたもの。

失恋ショコラティエが見たくなるフォントですよね☆笑

 

10、リュウミン

 

DTP(紙媒体)ではひっぱりだこで、ザ・明朝という扱いなんだよ。by友人。

写真の上にポエムチックな文章をリュウミンでのせるとかっちょ良くて好きです。

 

11、A1明朝

リュウミンよりちょっと上品な感じがします。

小田和正とA1明朝は、結婚式のプロフィールビデオで使うと間違いないと私は信じています。

(個人的な見解)

 

12、ふい字

 

 

 

 

 

かわいいフリーフォント!カフェのメニューなどでよく見かけます。はじめてのチュウっぽいですね。

 

13、吐き溜

 

色々あったんでしょうね。。 フリーフォントです!

 

14、FAMania

 

 

 

 

 

ロックマンは2が名作だと思います。メタルマンを一発もくらわずに倒すのが得意です。

「ふっかつのじゅもん」が書きたくなるフリーフォントです。

 

ここからは欧文フォントです

 

 

15、Helvetica ヘルベチカ

 

 

 

 

 

「スイスの」という意味の世界中で愛されるフォント。

個人的には映画トレインスポッティングのタイトルやポスターで使われているヘルベチカが最高にクールで好きです。

 

16、Helvetica Neue UltraLight ヘルベチカ ノイエ

 

 

 

 

 

ノイエは「新しい」という意味。ヘルベチカのマイナーチェンジ版だそうです。

これは一番細いウェイトです。ios7が細いヘルベチカを使用してから世の中的に細いウェイトのフォントよく見るようになった気がします。今風というか。テラスハウスも細いし。。笑

 

17、Futura フツラ

 

 

 

 

 

かなり好きです。大好きです。ラテン語で「未来」の意味。フォルクスワーゲンやルイヴィトン、ちょっと前の佐藤可士和さんのSMAPもこのフォントをいじったものらしいす。Macにもともと入ってます☆

 

18、Copperplate Gothic カッパープレートゴシック

 

 

 

 

 

最近街で本当によく見かけるフォントです。

恵比寿ガーデンプレイスや表参道のお店など、このフォントだらけな気がします。

街で女の子がよく持ってるあのバック、Dean&Delucaもこのフォントです。

 

19、Sackers Gothic サッカーズゴシック

 

 

 

 

 

上のカッパープレートゴシックのセリフがとれたもの。チョコレートのピエールマルコリーニや、MARC JACOBSのロゴに使用されてるそうです。

 

20、Nicolas Cochin ニコラコシャン

 

 

 

 

 

Dior(クリスチャン・ディオール)のロゴに使用されている上品なフォント。好きです。

 

21、Trajan トレイジャン

 

 

 

 

 

約2,000年前にローマ建てられた「トラヤヌス帝の碑文」をもとに作られたそうです。堂々とした印象。
タイタニック等、映画のタイトルにひっぱりだこ! ゴディバのロゴもこれをいじったものだそうです。

 

22、SnellRoundhand スネルラウンドハンド

 

 

 

 

 

こういう書体をスクリプト書体と呼ぶそう。けっこう好きなんです。

SnellRoundhandは主張しすぎない感じが好きです。

ラルフローレンのブラックレーベルで使われてるそうです。
先ほどセブイレブンで売ってたワインのラベルでも目撃しました。

 

23、zapfino ツァップフィーノ

 

 

 

 

 

Macにもともと入っている、ダイナミックなフォント。素敵。スクリプト書体好きっす。

 

以上でございます。

どれもふぉんとに美しい!!! みなさん気に入ったフォントはありましたでしょうか?

 

そのうち第二弾もやりたいです。

丸明オールドとアヴァンギャルドゴシックというのも気になっております。。。

さて、チュウチュウ書いたので、サザンの涙のキッスでも聞いて寝ようと思います。。

おやしゅみなさいー

Trackback URL
文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大