社員ブログ

Uber Eats

2018年11月27日 火曜日

みなさん、こんばんは。杉田です。

毎日の電車通勤で咳込む方が目立ってきましたね。

皆さんも体調には十分に気を付けてください。


今回は私の周りでも話題のUber Eatsについて書きたいと思います!

私も友人から教えてもらったのですが、簡単に言うとスマホアプリ上で注文できるデリバリーサービスです。

配送エリアであればどこにでも届けてくれるサービスです。

food_gapao_rice

また、特徴的なのが配送する人がお店の従業員ではなく、Uber Eatsの配達員という事です。

Uber Eatsの配達員とは?

実は18歳以上であれば誰でもなれる為、副業やアルバイトとしてやってる方が多いようです。ただし、身分証明書やスマホ、自転車・バイクなどが必要です。

bicycle_cross_bike

配達員登録をWEBで行い、各都市のパートナーセンターに手続きへ行けば完了です。

配達用バックが支給されれば稼働ができます。

あとはUBER Driverアプリをオンにし、注文が来るのを待つだけです。

注文が入れば料理を受け取りにお店へ行き、お客さんのところへ配達に行くという流れです。


面白いのがお店・お客・配達員がお互いに評価するというシステムがある事です。

配達や料理の質を上げる為にも相互評価で、良き関係を築いていくことが出来るシステムです。

私の友人にUber Eats配達員とUber Eatsに登録しているお店関係者がおり、先日Uber Eatsの話を聞き興味を持ちました。

Uber Eats配達員の失敗談としては、早く届けたいあまり急いでしまうと料理がこぼれてしまい、お客様から怒られたことがあったとのこと。

それからは細心の注意を払いながら配達をしているそうです。


お店関係者の裏話として、新規登録するとアプリ検索で上位にお店が来るそうで、その期間は注文がたくさん来るそうです。

その時が勝負なのでリピート客作りの為に料理に気合を入れるそうです(笑)


皆さんも是非興味をお持ちでしたらUber Eatsについて調べて見て下さい。

実際に利用してみるのもオススメです!!


文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大