WordPress環境構築事例

グリニッジの各種サービスサイトはWordpressを用いて制作しております。
2019年10月7日にサービスサイトの環境周りを一新しました。

WordPress環境リニューアル背景

弊社の各種サービスサイトは、制作・運用するうえで、環境リニューアル前は、以下の3つの課題がありました。

  • サービスサイトごとにWordPressのサーバが異なっていたため管理・保守が困難
  • サーバのミドルウェアの環境的に、最新のWordPressを利用できない
  • サイトのコンテンツ増加に伴い、表示速度が遅くなってきている

これらの課題解決のために、WordPressの環境リニューアルを行うことにしました。

KUSANAGIを選んだ理由

WordPress環境リニューアルでは主に次の手順で行う方針としました。

  1. 新しくサーバを構築し、WordPressの表示速度が速くなるようにチューニング
  2. 最新のWordPressをインストール
  3. 既存のサーバからWordPressのデータを移行
  4. DNSの設定を変更し、本番サーバの切り替え

まずはWordpressをいかに高速表示できるか、
ということに重点を置きWordPress環境のリニューアルについて調査していく中で、「超高速WordPress仮想マシン」の「KUSANAGI」というサービスを見つけました。
調べていくうちに、WordPress環境に関して多くのメリットがあること、リニューアル前の課題解決とリニューアル時の導入コストが当初の見込みより削減できる見通しが立ったため、KUSANAGIを導入してリニューアルを行うことにしました。

KUSANAGIメリット

  • 標準機能は無料で利用可能
  • 各種メジャーなクラウドに対応(AWS・GCP・Microsoft Azure…)
  • ページの表示速度が非常に速い
  • 各種ミドルウェアのセットアップや、セキュリティ対策がされている
  • WordPressの環境構築が簡単に行える
  • サーバ1台で複数WordPress環境も構築可能
  • DNSの切り替え作業も簡単
  • 構築事例が豊富

デメリットとしては導入や運用の際、エンジニアによるKUSANAGIの学習コストがかかることです。
弊社の運用上では機能や制限等、特にその他のデメリットはありませんでした。

どの事業者様も課題に感じるページの体感表示速度が改善されるというのがKUSANAGIを導入する一番のメリットかと思います。

Before After(表示速度)

環境移行前後でどのくらい改善したか、表示速度の面を紹介したいと思います。
速度の計測は、WEBサイトの表示速度を図ることができるWebsite Speed Testというサービスを用います。
このサービスでは、ページを読み込んでから表示するまでの時間を計測できます。
今回はこの表示速度を移行前後で比べてみました。

表示速度BeforeAfter

環境移行前ではページ速度(loadtime)が約5秒かかっていたところ、KUSANAGIへ移行してからなんと800ミリ秒と、1秒を切る結果になりました。

実際に今このページを再読み込み(F5)してみてください。
あらためてその表示速度を体感できるはずです。

導入までの時間コスト

今回の環境移行のコストです。

  • 移行サイト:8サイト
  • インフラエンジニア1人(KUSANAGI環境構築)
  • フロントエンジニア3人(WordPressデータ移行・表示動作確認)

調査:3日
KUSANAGI環境構築:2日
WordPressデータ移行:3日
表示動作確認:2日
DNS切り替え:1日
合計: 約11日で移行完了
※1日=8時間とする

まとめ

弊社でKUSANAGIを導入した結果、各サービスサイトの体感表示速度の高速化という大目標を達成することができました。
特にフロントエンド部分のチューニングを行わず、KUSANAGIを導入しただけでここまで大きく変わることは驚きでした(Before After参照)。

また、フロント画面(普段ユーザーが見ている画面)だけではなく、管理画面も高速表示されるため、更新作業の時間的コストが旧来より削減されるようになったのはうれしい誤算でした。
管理画面は利便性を追求すると入力インターフェースが増える傾向にあり、どうしても表示が遅くなりがちでロード時間を待つことがありましたが、KUSANAGIではすぐに次の画面が表示されるため、細かい更新も苦ではなくなりました。

非常に多くのクラウド/VPS環境に対応していることも魅力です。
慣れ親しんだ環境に構築できるので、インフラ面での新たな学習コストはKUSANAGIの導入に関してのみ、というのは大変助かりました。

各種機能の更新やセキュリティ面の対策などのアップデートも頻繁に行われており、コマンド1つでそれらを適用できることは、エンジニアによる保守・ランニングコストの削減に大きく貢献してくれています。
動作やセキュリティについてはKUSANAGIが担保してくれるので、こちらは安心して運用面に集中できることは非常にうれしいですね。

ここまでしてくれるKUSANAGIですが、基本無料で利用できることが導入における最大の驚きかもしれません。

文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大